オリジナル卓上カレンダーの印刷方法を説明します

スケジュールを計画する上でカレンダーというのはとても重要になってきますが、職場などで机の上にカレンダーを置いておくともっと便利に感じることでしょう。机の上においておけるタイプのカレンダーのことを卓上カレンダーと呼びますが、市販品で購入するよりもオリジナルの卓上カレンダーを印刷したほうがお気に入りのデザインを作りだすことができるのです。壁掛けカレンダーと比べてみても机の上に置くカレンダーなので、まず圧倒的にサイズが小さく済んで置く場所に困ることもありません。そのため、印刷するときも簡単に行えて好きな写真などをカレンダーに印刷することができます。そうすることで毎月お気に入りの写真を眺めることができたりと、意外とカレンダーの持つ機能以外の部分でもよい効果を得られるのです。

カレンダー印刷にかかる費用の相場はどれくらいか

実際に卓上カレンダーを印刷しようと考えている方が気になるのは、印刷にかかる費用についてでしょう。カレンダーに限ったことではなくできるだけ安く質の良い物を手に入れたいというのはどんなことにも共通して言えます。卓上カレンダーの一般的な印刷費用ですが、だいたい1部で一万円かからない程度です。カレンダーの一般的な値段で考えてみると高く感じるかもしれませんが、オリジナルのカレンダーを作れると考えれば安く感じるものです。さらに、作成にかかる期間によっても費用は変わってきて、急いで作ってもらうほど費用も高くなります。そのため、ある程度機関には余裕をもって卓上カレンダーの印刷を依頼すると費用も抑えられるでしょう。また、一度に印刷を依頼する部数も増えることで割引サービスなどの特典もつきます。

カレンダーの種類によっても費用は変わってくる

よく目にするカレンダーと言えばだいたい紙であることが多いです。しかし、カレンダーの種類というのは実に様々です。どんな違いがあるのかというと、紙の厚さや質感などの違いから、日めくりタイプや月めくりタイプの違い、リングで止めてあるのか破っていくタイプなのかによっても、カレンダーの種類というのは大きく異なります。そのため、自分がどのタイプのカレンダーが欲しいのかはっきりとさせておくと良いでしょう。卓上カレンダーはリングで止めてあることが多いですが、自分のこだわりを出せるところでもあるので工夫してみても面白いものです。あまり凝った注文を付けてしまうと費用もそれだけ高くなってくるので注意が必要ですが、印刷会社によってはカレンダーのタイプごとの料金早見表もあるので参考にすると良いでしょう。

うちわやカレンダーなどのノベルティ商品の実績が豊富。 お客様に対して電話・メールのレスポンスが速い。 うちわ、カレンダーは豊富な実績と経験があり、シーズン中はキャンペーンを行っております。 送料無料(1カ所)。 オリジナルうちわ、カレンダー印刷などのノベルティ、トレカやしおり等のコミック系商品。 WEBでは謳ってないが、長期のデータ保存サービスを行っている。 便利で場所を取らない卓上カレンダーをお得に作成しましょう