卓上カレンダーの印刷を安価に仕上げる方法を教えます

卓上カレンダーは、9月になると新しい年度のものが出てきます。次年度のカレンダーを選ぶのは、とても楽しいですが、使い勝手やお気に入りの絵を入れてオリジナルの絵を入れて作ることができれば、それも楽しい話です。プリンタも色々な紙を使って個人的に使う卓上カレンダーを作ることができます。ハガキサイズの厚手の紙を購入するなど、プリンタの規格に合う用紙を購入してパソコンでデザインするという方法です。形にこだわらなければ最も安価に仕上げることができるといえます。しかしあくまでも個人で使うためのものですので、質については問われませんが、会社や仲間で作るオリジナルのものについては、やはり印刷会社やプリント会社に依頼することになります。こちらは1部の印刷から受け付けているところもあり、100部以上になると単価が安くなる場合が多いです。

卓上カレンダーの印刷方法は多種多様

自分で卓上カレンダーを作る場合、自立するためのスタンドを手に入れる必要があります。もしくはそのような組立にできる印刷方法を考える必要があります。しかし複雑な印刷は家庭用のものではとても難しいです。そこで印刷会社に依頼する卓上カレンダーです。ダブルリングを使ってホルダー無しでも立てられる卓上カレンダーを作成することができます。また業者によってはカードに1年の暦を書かれたカード型や、ノートの見開きに1か月を印刷した物、三角柱の面に印刷したもの、紙のスタンドを使って自立するペーパークラフトの商品までさまざまな印刷が可能な会社もあります。これはデザインとの関係もあるのでデザインやテンプレートから選ぶ方法もある。また予算によって選ぶこともできます。印刷には紙自体を選ぶこともできるので、まさに多種多様のオリジナルの製品が作ることが可能です。

卓上カレンダーの金額は時期や印刷部数によって違う

デザインや紙の質、大きさ、印刷の部数によって金額はそれぞれです。まずは自分達が作りたいと思っているデザインが可能であるのかを調べる必要があります。ダブルリングや、スタンド付き卓上カレンダーは比較的どの会社でも作っていますが、そのテンプレートやデザインはさまざまです。またできるだけ安く仕上げたいという場合は、早期割引を利用する方法があります。やはり年末にかけてが、最も忙しくなる時期ですので、早い時期の注文は印刷会社にとってもメリットが大きいものです。また忙しくなれば納期も延びる可能性が出てきます。お客様に渡す時期である12月には手元にあることが大切です。ただ最近は11月末までに12月から使えるカレンダーを配布している会社もあるようなので、デザインも含み時期についても考えていく必要があります。