優勝記念のトロフィーは一生思い出として残ります

思いでや記念として残るものと言うとトロフィーです。飾る場所を選ばないため、リビングや寝室にも飾っておけます。そして、それを見るたびに思いでを振り返る事が出来るため、とても記念としてしっかりと残るものと言えます。優勝の記念としてもらったトロフィーと言うものも、その証となるものですので大事にとっておく事によって、その証が一生残る事になります。このように、思い出として役立つものなのです。また、そういった記念の品として選ばれる理由として、コストもあります。予算に応じて大きさも選ぶ事が出来るので、予算が少ない場合には小さめのものを選び、予算がある場合には大きくて見栄えのするものを選ぶ事が出来ます。そして、見た目以上にコストが安くて済みますので、そういった記念の品として選ばれる事が多いのです。もらった側としても、とくに邪魔になるものでもありませんし、経年劣化をするようなものでもないので、一生涯とっておけるので有難いものなのです。特に優勝をした記念と言うのは、その人その人の人生において、大事な思い出の1ページとして、しっかり残るものですから、その人生の思い出としてトロフィーがある事はとても有難い事なのです。

トロフィーをもらう喜び

昔からトロフィーをとることは「目標」と位置づけられている。勝負して勝つと、トロフィーという対価を得られ、感動と同時に優越感を得られる。勝者だけが得ることのできる喜びである。また、もらうことで記録にもなり、勝ち取った人の価値基準ともなる。しかし、近年では1位をとることの必要性がないと競争をさせない教育が導入されている。みんな一緒が良いなどとして、特に子ども教育の現場で競争させない文化が根付こうとしている。その流れが、加速するグローバル化の並に追いつけない原因を作っているとも言える。今一度、トロフィーをもらうことの喜びに注目し、「競争」を意識させ、人生を生き抜く土台を築く必要があるだろう。ますます、厳しい社会となる現代で生き抜く方法は、勉強することと、勝つために競争することである。そのためには、まず教育での競争が必要ではあるが、いわゆる詰め込みの教育ではなく、もっと想像的な考えをもった教育で競争させるべきである。それが実現されれば、世界で戦える人材が増え、日本を誇れる国へと成長させることができるだろう。その意味をしっかりと認識すべきである。確かな目標を持って、勝ちを目指し行動すべきである。